システム開発をFileMaker® Proソフトウェアで行います

TOMO CREATIONS
  トップぺージ会社案内


FileMaker® Proソフトウェアで構築するシステム開発

FileMaker® Proソフトウェアとは
Windows、Macで使えるデータベースソフトのファイルメーカー Windowsは米国Microsoft Corporationの登録商標です。Macintoshはアップルコンピュータ社の登録商標です。FileMaker® Proソフトウェアは、Macintoshのデータベースソフトとして1980年代後半に開発されました。当初はカード型のデータベースシステムでしたが、近年はWindowsやMacで使えるデータベースソフトになり、リレーショナル型データベースシステムとして様々な業種業態でデータベースシステムとして使われています。

FileMaker® Proソフトウェアは、アプリケーションソフトとして利用できるので、1台のパソコンで業務処理をこなすこともできますが、ネットワークを経由して複数のユーザで1つのデータベースを共有できます。手軽にデータベースを構築し、見栄え良く画面や帳票設計ができることが大きな特徴です。

電話帳や住所録など、個人が気軽に構築することができるデータベースから、企業内で利用される本格的な顧客管理や会計システムまで、極めて守備範囲の広いデータベースソフトウェアです。

レイアウトシート上にデータを自由に配置※ファイルメーカーのイメージ)ファイルメーカー(FileMaker)の大きな特徴は、「レイアウト」というシート上に、データベースに蓄積したデータを高い自由度で配置することで、柔軟に画面設計や帳票作成ができることです。紙で行っていたような事務作業は、FileMaker(ファイルメーカー)で置き換えることが可能です。これまで使っていた帳票に限りなく近いレイアウトを作りその上で入力作業を行いうことができます。さらに過去のデータが蓄積されることで集計作業の自動化ができるなど、大きなメリットも生まれます。

反復的な作業や、状況に応じた作業などは「スクリプト」という仕組みを使うことで、かなりのところまで自由化ができます。ファイルメーカー(FileMaker)は単に表示がきれいにできるだけのソフトではなく、スクリプトによるさまざまな自動処理を組み込むことで、機能をしっかりと組み込んだ業務ソリューションに発展させることができます。

FileMaker® Proソフトウェアは、1つのアプリケーション内で閉じた世界ではありません。他のリレーショナルデータベースを、ファイルメーカー(FileMaker)内にある1つのテーブルのように扱うこともできます。つまり、FileMaker® Proソフトウェアのシステムと他のデータベースの連携、あるいはFileMaker® Proソフトウェアを他のデータベースのフロントエンドとして使うこともできます。

※株式会社ともクリエーションズは、独立した法人であり、本ウェブサイトのサービスは、FileMaker,Inc.(ファイルメーカー社)のサービスではありません。
(当社はファイルメーカー社からFBAメンバーとして認定されています。)